posts

2011年のポストアーカイブ

東北関東震災で被災された方にお見舞い申し上げます

kishimoto

こんにちは。

岸本です。


3/11日に東北で発生した地震により被災された方に、心よりお見舞いを申し上げます。

われわれ、にげたひつじは音楽を作る者であって、政治的、社会的なことにはできるだけニュートラルな立場を心がけ、そのようなメッセージを発することは控えていますが、

今回の国難に際して閉口していることはできません。


地震の発生した場所から何百キロも離れた関西でも揺れました。

被災された方、亡くなられた方、行方がわからない方の関係者など当事者の方々の心情を思うと言葉もでません。

無事に避難されている被災地の方にも物資など届いていないというような報道があります。

また、現在進行形で脅威が推移している福島第一原子力発電所で生死も省みず、作業に従事されているすべての方々の無事を祈らずにはいられません。


我々に今できることはほとんどありませんし、事態が進行している場面で一市民が不用意なことは慎むべきと考えます。

それでも、かろうじて力になれることは、義援金くらいです。



これも自分の判断で、より多くの人に届くと思われるできるだけ公的な機関を探して選んだ方がいいと思います。

善意を誰かの金儲けに使われては台無しです。




また、幸いなことに関西では被災者の方の受け入れの準備があるそうです。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110313/lcl11031319500002-n1.htm





自らの無力を思い知らされます。

デマや憶測も飛び交っていますが、無事だった人は、まずは冷静に事態を見守り、何をすべきか検討し、準備する時だと思います。




散文、失礼しました。

映画館での映画。

nishimura

どうも西村です。


先日見に行った


死刑台のエレベーターニュープリント版

やはり最後の、 現像液につけた瞬間浮かび上がる絵の

シーンは何時見てもかっこいい。


映画って感じがする。

 


最近、阿部寛主演でリメイクされてたみたい。

最後のシーンはどうなるのだろう。

USBケーブルをパソコンに差し込むのだろうか?


機会があれば見てみたいと思う。


小さな頃はよく父親の買い物についていき、父が洋服を物色している間

僕は一人映画館で映画を見るという事がよくあった。

で迎えにきた父親に映画の感想を言う。

”やっぱりペットセメタリーは1の方がおもしろいは”なんて感じで。


レコーディングしてます。

先日のスタジオでは思わぬハプニングがあり失笑ものでしたが。


今は、自分自身にアイデア募集中でございます。


未だに僕はロケッティアを駄作とよべない。


それでは。

心機一転

kishimoto

どうも。

低温やけどで、右足のくるぶしが水ぶくれになった、岸本です。


あけましておめでとうございます。

2011年はにげたひつじ、色々頑張ります。


というわけで、サイトをリニューアルしました。

前よりもちょっと仕掛けが増えていい感じですね。


ブログもこちらにお引越しです。

更新も増やす予定です。前のめりで。




カーティス・メイフィールドのMove on Upて曲は、

どこが1拍目かがよくわからない作りになってますが、

最初、誰もが頭のスネア2発の後のラッパを1拍目として捉えてしまう、

そんなリズムの勘違いをしたのかどうだか、

ダイナミックスのカバーはまさにそんな感じです。

すげぇかっこいいですが。


正しいリズムは、80年代のご本人のライブで初めて知りました。

未だに元曲聴いても、リズム持っていかれることがあるね。イラっとする。

シカゴのやつらはこういうの多い気がします。

ダニー・ハザウェイのSugar Leeとかもどこが表でどこが裏なのか、よくわからん。

厄介です。


厄介で思い出しましたが、今年のおみくじはやっと出たよコレ。

凶でした!

レアモンゲット。激アツです。



それでは。